前へ
次へ

鍼灸治療は健康保険を利用できるのかについて

結論から言うと、医師の同意診断書があれば鍼灸治療でも、健康保険を利用することが可能です。ただ、「大企業向けの健康保険組合」の保険証の場合は患者が一時立替る場合もあります。詳しくは、自分が加入している健康保険組合に確認しましょう。同意診断書は、鍼灸院に行けば貰うことができますよ。因みに、医師が同意書を作成してくれるものはある程度限定されています。たとえば、「五十肩」「腰痛症」「リウマチ」などです。保険を利用して鍼灸治療を行う場合には、注意点があります。それは、同意診断書に記載されている症状や病名で、接骨院や病院で治療を受けてはいけないということです。湿布薬や鎮痛剤の利用でもOUTなので、厳しい制約があります。不明点は後で言ってもダメなので、事前に鍼灸院で確認しましょう。ただ、鍼灸治療中だとしても、検査を受けることは問題ありません。検査を受けた際に治療行為をされるといけないので、この点のことも鍼灸院に聞きましょう。

Page Top